toggle
2018-06-30

【ひとり言】布ナプキンのメーカーを経営して

こんにちは布ナプキン『うふふわ。』社長係の内田登代紀です。

今日は、布ナプキンのメーカーを経営するにあたっての「理念」について、お伝えしてみたいと思います。

布ナプキンのメーカーを経営して

わたしが布ナプキン屋をはじめたのは、『うふふわ。』ができ上がる前の時代から入れると早くも10年目になります。

ほんとうにゆっくり・のんびり・ぼちぼちと…
でも、着実に着実に…続いて、成長してきたなあと、
改めて、多くの方々に支えられてきたことを有り難く感じています。

そもそも、わたしがなぜ布ナプキン屋になったかというと、実はそれはほんとうに単純なものでして…

わたし自身が布ナプキンを使って感動したことがきっかけ。

当時のわたしはナプキンのカブレやかゆみなどに悩んでいたし、
産後のデリケートな状態を、布ナプキンに救われた、自分自身の経験をもとに

「たくさんの女性たちにこの心地よさを知ってほしい!」

ただただ、そんな想いひとつで、ずっとこれまでやってきたんです。

ようするに、「経営する」という意識…何か立派な経営理念をもって、スタートしたわけではなく…

少しずつ目の前の必要なことを、ただただやってきただけでした。

でも、その「目の前の必要なこと」の中に、お客様はもちろん、取引先の店舗さま方や内部の職人たちからも、わたしは経営していくために本当に大切なことは何なのか…

どういうことを求められ、
どういうことを自分ではやっていきたいのか。そういったことを常々考えさせられて
少しずつ自分の中に「理念」のようなもの…が創られてきた気がします。

経営とは…「子育て」

以前ラジオだったかな?出演させていただいたときに…
「あなたにとって経営とは?」という質問に
わたしは一言こう答えました。

「子育て」です。

ほんとうに…生まれたての赤ちゃんを育てるように。
ゼロから。
子育てって…実は何もできない子どもを育てているようで、
実は、自分自身が「親」としての自分を、赤ちゃんから・周りから育てられていくことですよね。

それを、経営でも同じように感じるんですよ。
人間の子どもと同じように、会社ってほんとうに一社一社違った個性があって。

どこの部分・いつの部分を切り取るかによって…
成功とか、失敗というのかは変わるし、
そもそも何の基準をもって成功・失敗かは、あくまでもその判断するひと個人の価値観なので、画一的にこの会社は「こういう会社です」と語れるものはありません。

でも、会社をつくったひと本人としては、「こうありたい」という想いが今ではちゃんとハッキリとあります。

わたしがは世の中へどのように貢献したいと思っているのか…

それはやっぱり「心の豊かさ」です。

決して、物質的な豊かさ、ではありません。
布ナプキンは、店舗では日用品(生活用品)のカテゴリとして扱われるものではありますが、
布ナプキン『うふふわ。』は、嗜好品なんだということを、
わたしはお客さまたちから教えられました。

というのも…

布ナプキン『うふふわ。』を使ってくださっている女性たちは
たいてい「次の生理が楽しみになりました!」
とおっしゃいます。

どうすか?

世の中…どれだけの女性たちが、
次の生理を「楽しみ」にしているでしょうか?

例えば…
食事をすることは、
みんなある程度共通で「好き」なことですよね。

で、更にとっても美味しい食事だと、それは喜ばしいことで、精神的に豊かさを感じることですね。

でも、ほとんどの女性たちにとって
「生理」とは嫌なこと。
面倒なこと・つらいこと…ブルーデー。
これは、現代女性の間では共通認識です。

店頭でお客様に突然「生理、好きですか?」って聞いたら、
大抵の女性が、
「何てこと聞くの?好きなわけないでしょ?!怒」
という目で見られ、大否定されるのがオチです。

そんなに嫌だと思っていたことが…
「楽しみ」になれるんですよ。

このギャップ…!

このギャップの凄さを、わかりますか?
すごいことなんです。

一回の生理期間は、月に5日間だったとしても、
年間にすればおよそ60日。

1年間のうち、2か月もの間…!

憂鬱にブルーデーで過ごすのと、
「お姫さま」期間として、楽しく気持ちよ~く♡過ごすのとでは…

人生が変わっても、おかしくありません!

生理痛改善や、妊活にも!?布ナプキン

いつも言っていることですが
布ナプキンは、布製のナプキンです。
下着と同じ部類で、薬でも宗教でも何でもありません!

いやぁ、笑っちゃいますが…
布ナプキンを宗教だと思っている人?ホントにいるのかな。

どういうことかな?と想像したら…
たぶんそれだけ、ハマちゃった人が、
感動体験を(わたしのように)熱く語り過ぎて…
まわりを引かせてしまっているんでしょうね~;笑

「カブレなくなりました」なんていうのはもちろん、
「生理がコントロールできるようになりました!」とか
「生理痛が治りました!」とか
「妊娠しました!」とか…
そんなご意見は本当に多くいただくので、

もう正直、全然おどろきませんが、
布ナプキンそのものに、決してそんな効能・効果があるわけではありません。

でも。
確かにこれだけは、言えます。

布ナプキンをきっかけに、女性たちの「心」を豊かにすることができた。ということ。

女性が感覚的な「心地良さ」に敏感になって、自分を愛するような行動をとれるようになった。

それがその方の身体に良い変化をもたらしたということです。

女性性の目覚めですね。

女性たちの心が豊かになれば、周りのパートナーや家族たちにも優しくなれる…
ひとりの生理の日が、

「お姫さまDAY」になるだけで、みんなの心が豊かになるってことですよね。

つまり…
生理の日が、世界を平和にするんです。

(あぁ。なるほど…
こんなこと言うから、布教活動って言われるんだね~。布だけに。爆)

●自分に(特にデリケートゾーンに)自信がない
●生理なんてなんて来なきゃいいのに
●面倒なこと嫌い
●いつもイライラ八つ当たり

こんな過去のわたしのような女性こそ…
布ナプキン『うふふわ。』を使い続けたら、
自分の心の変化、ギャップの大きさにきっと驚くと思いますよ。

「心の豊かさ」を提供すること。
それが、わたしの誇れる…布ナプキンの経営という仕事です。


初心者の方におすすめのセットも!「布ナプキン」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です