toggle
2018-06-29

【コラム】つけていると安心する「お守り」布ナプキンうさと

こんにちは。布ナプキン『うふふわ。』社長係の内田登代紀です。

今日はデリケートゾーンと「」のことについて少し。
ジメジメの梅雨時ですね…身体の調子が悪い方もいらっしゃるのでは?


身体が調子が悪いと…気分まで憂鬱になっちゃいますよね。
逆に…気分・精神的に参っていると、
それも長くなると、やっぱり身体の不調に繋がります。

心と身体はバラバラではなく、もともと「ひとつ」。
特に女性の身体は、ホルモンバランスが1ヵ月間のうちに、どんどん変化するので、体調や気分がコロコロ変わって…当然のこと。

そうはいっても、自分の調子に合わせて、仕事や家事をすることができる環境ばかりではありませんよね。

「病は気から」
と昔から言い伝えられるように、気持ちがずっと落ち込んだままになって、病気をつくってしまう前に…
まずは、女性にとって大切なパーツ…デリケートゾーンを、心地良くしておくことをおすすめします。

デリケートゾーンのお守り!「うさと」の布ナプキン

「うさと」の布ナプキンは、
女性用の洗って繰り返し使うナプキンなのですが、

「うさと」の生地は、ふつうの布ではありません。特別にエネルギーが込められた布なんです。

タイやラオスの女性たちが、ナチュラルな(当然オーガニック)綿を手摘みして、紡いで、糸を草木で染め、機織り機で一目一目織って…
果てしない時間と手間をかけてつくられた布地。

レギュラースリムには防水布を封入しているので、生理の日もモレずに安心ですが、
この季節は、ライナーを普段から着用することをお勧めします…!

使いはじめは、米糊がきいているので、必ず下洗いしてくださいね。

はじめは布地が硬い感じがしますが、繰り返し使うことにより、大抵の布は、だんだんとふんわりやわらかく変わります。うさとの布地には個性があります。薄めのものも厚めのものも、柔らかいものもそうでないものも…。いずれにせよ、ナチュラルな綿が、空気を含んで女性の身体を冷えから守ってくれますよ。

つけていると「安心する」布ナプキン

実は布ナプキンを使っている女性たちからは、こんな意見をいただくことが多いんです。
「なんだか、布ナプキンつけていると安心するんです。」

デリケートゾーンは…実は“「気」の入り口”とも言われているので、
そこを、やさしい布ナプキンでそっと「お守り」するだけで、ホッとするのも当然の話なんですよ♪

特に「うさと」は…
自然のエネルギーと、
人の“手間”、
たっぷりかけられた“時間”というエネルギーも♪
込められているので…

生理のときじゃなくても、普段から通気性の良い「ライナー」をお守りにつけておくと…
きっと気分もよく、心の安定から、身体の調子も良くなっていくにちがいありません!

手織りの生地でつくられた布ナプキンなんて…唯一無二!

※しかも、服のハギレからつくっているため、同じ柄はめったにありません。
送られてきた布ナプキンの柄は、もしかしたら…世界でひとつだけの布ナプキンかもしれませんね。

布ナプキン『うふふわ。×うさと』全サイズがセットになった「おためしセット」も人気です>>>
おためしあれ…!!

実際の柄を選んで買いたい方は…全国で行われている「うさと展」、服の展示会へ足を運ばれてみてください。うさと展一覧はこちら>>>

「うさと」の布ナプキンについて詳しくは⇓


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です