toggle
2018-02-07

【お知らせ】超レア?麻の布ナプキン「×うさと」バージョンが密かに登場しています。

麻の布ナプキンが、できました♡

布ナプキンでコラボさせていただいている…
「うさと」
手紡ぎ・手染め・手織りでできた…とてもやさしい布の服のブランドです。

「うさと」とは…>>>
(←内田が着ている、この藍色の服もそうです。)
店舗での販売ではなく…全国(最近は世界各国でも)で展示会を行って販売するというスタイルの服なのですが、そのハギレを使った布ナプキン。

布ナプキンは、これまで「綿」コットン製のものばかりでした。

ですが、展示会に足を運ばれて、もう既に発見された方もいらっしゃるかもしれませんが
実は…

「麻」ヘンプ製の布ナプキンが登場しています。

「麻」バージョンが、展示会で販売開始。

日本には昔からあった布ですが、近年その良さが改めて見直されてきた「麻」ヘンプ。

綿の布ナプキンと比較すると、どうなのかというと…
薄く、さらっとしていて、模様の見た目にも…少し品のある雰囲気になっています。

 

 

綿との生地の違いを比較してみました。

左が綿 右が麻 

目の細かさ(糸の細さ)が違います。手織りなので…麻の方が織るのにも時間と手間がかかっていることがお分かりいただけると思います。

どちらかというと大人な…雰囲気ですね。

この麻バージョン、現時点では、レギュラー(防水布あり)と、ライナー(おりもの用)の2種のみの販売になっています。

レギュラー↑(防水布ありなので、多い日や、尿ケアにもOK)

ライナー↑(防水布なし通気性にすぐれ、さらっとした下着感覚で付けられます)

価格は、綿製のサイズと同じ価格です。
(レギュラー1,500円+税 ライナー1,100円+税)

肌に触れる面が、麻で、ショーツに付ける面は、これまで通りの綿の「機械織り」布になります。

裏には、うふふわ。の花言葉のスタンプが入っています。
(↑写真の花は、リューココリネ「温かい心」)

この麻バージョン布ナプキンは…
現時点では、まだ少量しか生産しておりません。

しかも、WEBでの販売や卸の販売(店舗等)も、基本的に行っておりません(現時点で販売予定はありません。
もしも販売するようになったら、その時は…また改めてお知らせさせていただきます。)

うさとの麻の布ナプキンをお求めになられたい方は…
全国のうさと展へ足をお運びいただき、実際に触って選ばれてくださいね♪

うさと展示会一覧>>>

「×うさと」の綿の布ナプキンは、こちらでもお求めになれます。↓↓


初心者の方におすすめのセットも!「布ナプキン」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です