「セックス」のイメージ革命。

「セックス」のイメージ革命。

こんにちは。内田登代紀です。

「目合い」の呼び名を復活させよう!

わたしは「セックス」という言葉があまり好きではなくなりました。以前は普通に使っていましたが…なんだか軽い言葉で身体の関係だけを指すようなイメージがあるから不自然に思えてきたのです。

そもそも、英語の直訳では「性別」を表す単語であって性行為を切り取ったものではありませんしね。(ちなみに「Hする」のHはヘンタイのHからきた言葉です…;)

そこで、わたしは愛し合う性行為、セックスのことを【目合い】まぐあい と呼んでいます。

o06730430img_4e0dca73ea0b3d5445a5df116b6a22ed121226

目合いは、日本の昔の言葉です。目と目を合わせる行為…言葉が変わるだけでも途端に素敵なイメージに変わる気がしませんか…?

 

私がいつもしているお話会の中で、必ず参加者さんたちに聞くことがあります。

「あなたは、誰から生まれてきましたか?」・・・当然、お母さんですよね。この事実は誰一人例外はありません。

でも「それじゃあ、その命は…どうやって授かったのでしょう?」と聞いたら、その事実については積極的に答えてくれる人はほぼいません。

 

わたしも以前はそうでしたが、日本人のほとんどは性行為のことをイケナイ・あまり良くない行為だというネガティヴイメージでとらえているようです。

逆に「下ネタ」は、笑いを共にして確かに楽しいことですが、どこか性行為や男女の身体を馬鹿にしたりすることが多く、軽い行為のようで・・・の「尊厳」「愛」が感じにくいです。

 

単に欲求としてのはけ口にしたり、生殖のみを目的とした性行為は、ハッキリ言って・・・「動物」のすることではないでしょうか?

わたしたち人間も動物の一種ですが、他の動物とは違って脳が発達していて、感情を豊かに表現しコミュニケーションを取ることのできる生き物ですよね。

その根底にあるものは「共感」の心。相手を愛するこの気持ちを伝えたい・・・互いの存在を感じ合いたい・・という想いの延長線上にあるものが、

人間としての性行為・「目合い」のはずです。

 

愛しあうことは・・・汚らわしい行為ではなく、とても自然で素晴らしいこと。

 

「わざわざ言わなくても解ってる」時代はもうずいぶん前に過ぎ・・・

性暴力・DVなど・・毎日目を覆いたくなるような性に関連する悪いニュースが増え続ける今、そろそろ、ここら辺で改めて…再認識し直す必要があるのではないでしょうか?

 

あなたのその性への「偏見」は、社会のカラクリが関係している!

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

社会的にネガティヴイメージが付いてしまった背景の一つには、世の中にあるお金のカラクリが存在しています。

道を歩けば看板があります。 TVやインターネットを見れは宣伝・広告バナーが。

性に限らず、人間が作り出した物や事柄やサービスのイメージは、すべて商売する者がマーケティングし、その商品に対するイメージ付けを戦略的に行ってきているものです。

人間の三大欲求の一つである「性欲」を利用した商売とは…例えば、どんなことがあるでしょうか。

AV・風俗…など。。

性を商売にする方たちがこれまで、広告宣伝をしつづけ、私たちもそれを必要としてきたために、今の世の中の「性」に対するネガティヴなイメージがあるのです。

性をイヤラシイこと、汚らわしいこととアンダーグラウンドにした上で「愛がなくてもしていいこと」「男性は射精しなければ溜まって健康に悪い」とか、本能的な欲求へ引け目、「罪悪感」を与えるイメージを打ち出す必要があったのです。

(※決してそれらの職業を否定しているわけではありません。良い・悪いではなく、売るためには営業戦略が必要であったし、消費者もAVなどファンタジーなものにそれが現実にあるように思ったり、愛しあうことよりもライトな関係性を助長する、性の一般イメージは、そこから定着してきたことは事実です。)

 

あなたが、性のイメージを変える。

だからといって、今さらそれらの情報を抹消しようとしたり、啓蒙したり、不安になったり愚痴っているだけで・・何かが変わるでしょうか? そんなことにエネルギーをかけることでは良い変化は生まれるわけがありません。

だから、いっそ・・わたしは、逆のことにエネルギーをかけることを、決心しました。

布ナプキンは、まず「生理」のイメージが変わります。うふふわ。のユーザーの方々から、「次の生理が楽しみになりました!」「女の身体である自分に愛しさを感じます。」そんなお声をたくさんいただきます。

身体で感じる…五感で感じる「快」は、自分自身の内側にある「喜び」であり、それこそが本当の幸せです。

af0010002569l 600

さらにパートナーと愛を感じ合う本当の目合いは、生きる活力であり、力強いエネルギー源であるということ…!!

 

見せかけだけ・偽りの快感とは比べ物になりません。愛・性の真理を、理解している大人たちで、わたしと一緒に【性のイメージ革命】を起こしませんか♪

 

そのためにも「幸せな性」をたくさん発信していきましょう…!

そんな想いで、たくさんの方々の心が集まって2014年にできた本がこちらです。

『LOVEカルテ』わたしの性に出逢える本

footer-love01

クラウドファンディングを利用し81名の方、23社の地元企業の方々にご支援いただき制作いたしました。本屋さんでは販売していません。(直営ネットショップか、布ナプキン『うふふわ。』取扱店でお求めいただけます。)

一人でも多くの方に手に取っていただけるとうれしいです。

『LOVEカルテ』わたしの性に出逢える本 の詳細はこちら


最近女性の間で噂の「膣キュン・膣きゅん」ってなに??


膣キュン」基礎知識、
膣キュン」コラム、
膣キュン」グッズ、
膣キュン」身につけ方…?!
気になる「膣キュン」にまつわる情報が満載
特集ページへジャンプ♡>>>


2016-06-28 | Posted in コラム『愛されメモ』No Comments » 

関連記事