toggle
2017-06-18

【ひとり言】『世界がもし100人の村だったら』

こんにちは。内田登代紀です。今日は「今、目の前にある幸せ」に気付くことができる…素敵な詩をご紹介します。

せかいがもし100にんのむらだったら
If the world were a village of 100 people)は、
2001年前後から世界中にインターネット上でチェーンメールのように広まって、世界的に流布した世界の人々の相互理解、相互受容を訴えかける「世界村」(en:global village)について示唆を与える作者不詳の文章です。

日本では、2001年3月にアメリカ、ワシントン・DCで元世界銀行に勤務していた中野裕弓さんが、元同僚から受け取ったものを日本語に訳したのが、最初だといわれています。

『世界がもし100人の村だったら』

今朝、目が覚めたとき
あなたは今日という日にわくわくしましたか?
今夜、眠るとき
あなたは今日という日にとっくりと
満足できそうですか?
今いるところが、こよなく大切だと思いますか?
すぐに「はい、もちろん」と
いえなかったあなたに
このメールを贈ります。
これを読んだら
まわりがすこし違って見えるかもしれません。
世界には63億人の人がいますが
もしそれを100人の村に縮めると
どうなるのでしょう。
100人のうち
52人が女性です
48人が男性です
30人が子どもで
70人が大人です
そのうち7人が
お年寄りです
90人が異性愛者で
10人が同性愛者です
70人が有色人種で
30人が白人です
61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です
33人がキリスト教
19人がイスラム教
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています
5人は、木や石など、すべての自然に
霊魂があると信じています
24人は、ほかのさまざまな宗教を
信じているか
あるいはなにも信じていません
17人は中国語をしゃべり
9人は英語を
8人はヒンディー語とウルドゥー語を
6人はスペイン語を
6人はロシア語を
4人はアラビア語をしゃべります
これでようやく、村人の半分です
あと半分はベンガル語、ポルトガル語、
インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などを
しゃべります
いろいろな人がいるこの村では
あなたと違う人を理解すること
相手をあるがままに受け入れることが
とても大切です
また、こんなふうにも
考えてみてください
村に住む人びとの100人のうち
20人は栄養がじゅうぶんではなく
1人は死にそうなほどです
でも15人は太り過ぎです
すべての富のうち
6人が59%をもっていて
みんなアメリカ合衆国の人です
74人が39%を
20人が、たったの2%を分けあっています
すべてのエネルギーのうち
20人が80%を使い
80人が20%を分けあっています
75人は食べ物の蓄えがあり
雨露をしのぐところがあります
でも、あとの25人はそうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません
銀行に預金があり
財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は
いちばん豊かな8人のうちの1人です
自分の車をもっている人は
豊かな7人のうちの1人です
村人のうち
1人が大学の教育を受け
2人がコンピューターをもっています
けれど、14人は文字が読めません
もしあなたが
いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従って
なにかをし、ものが言えるなら
そうではない48人より
恵まれています
もしもあなたが
空爆や襲撃や地雷による殺戮や
武装集団のレイプや拉致に
おびえていなければ
そうではない20人より
恵まれています
1年の間に、村では
1人が亡くなります
でも、1年に2人
赤ちゃんが生まれるので
来年、村人は
101人になります
もしもこのメールを読めたなら、
この瞬間、あなたの幸せは2倍にも3倍にもなります
なぜならあなたにはあなたのことを思って
これを送った誰かがいるだけでなく
文字も読めるからです
けれど何より
あなたは生きているからです
昔の人は言いました
巡り往くもの、
また巡り還る、と
だからあなたは、
深ぶかと歌ってください
のびやかに踊ってください
心をこめて生きてください
たとえあなたが、傷ついていても
傷ついたことなどないかのように
愛してください
まずあなたが
愛してください
あなた自身と、人が
この村に生きてある
ということを
もしもたくさんのわたしたちが
この村を愛することを知ったなら
まだ間にあいます
人びとを引き裂いている非道な力から
この村を救えます
きっと

When you woke this morning,
did you look forward joyously to the day?
When you go to bed tonight,
do you think you will be filled
with satisfaction?
Do you think the place you are precious?

It is to you who cannot say right away,”Yes, of course”
that I send this message.
If you read this,
the things around you might start to
look a little different.

In the world today, 6 billion 300 million people live.
If this world were shrunk to the size of a village,
what would it look like?
If 100 people lived in this village,

52 would be women,
48 would be men.

30 would be children,
70 would be adults,
among those,
7 would be aged.

90 would be heterosexual,
10 would be gay or lesbian.

70 would be non-white,
30 would be white.

61 would be Asians,
13 Africans,
13 from North and South America,
12 Europeans,
and the remaining one from the South Pacific.

33 would be Christians,
19 believers in Islam,
13 would be Hindus, and
6 would follow Buddhist teaching.
5 would believe that
there are spirits in the trees and rocks
and in all of nature.
24 would believe in other religions,
or would believe in no religion.

17 would speak Chinese,
9 English,
8 Hindi and Urdu,
6 Spanish,
6 Russian, and
4 would speak Arabic.
That would account for half the village.
The other half would speak Bengal, Portuguese,
Indonesian, Japanese, German, French,
or some other languages.

In such a village, with so many sorts of folks,
it would be very important to
learn to understand people different from yourself,
and to accept others as they are.

But consider this.
Of the 100 people
in this village,

20 are undernourished,
1 is dying of starvation, while
15 are overweight.

Of the wealth in this village,
6 people own 59%,
– all of them from the United States –
74 people own 39%, and
20 people share the remaining 2%.

Of the energy of this village,
20 people consume 80%, and
80 people share the remaining 20%.

75 people have some supply of food and a place to
shelter them from the wind and the rain,
but 25 do not.
17 have no clean, safe water to drink.

If you have money in the bank,
money in your wallet and
spare change somewhere around the house,
you are among the richest 8.

If you have a car,
you are among the richest 7.

Among the villagers
1 has a college education.
2 have computers.
14 cannot read.

If you can speak and act
according to your faith and your conscience
without harassment, imprisonment,
torture or death,
then you are more fortunate than
48, who can not.

If you do not live in fear or death
by bombardment, armed attack,
landmines,
or of rape or kidnapping by armed groups,
then you are more fortunate than
20, who do.

In one year,
1 person in the village will die,
but, in the same year,
2 babies will be born,
so that at the year’s end,
the number of villagers will be 101.

If you can read this e-mail,
that means you are thrice-blessed.
First, because someone thought of you,
and sent you this message.
Second, because you are able to read.

Third, and most important,
because you are alive.

Someone once said:
What you send out
Comes back again.

So
sing from the bottom of your heart,
dance with your body waving free,
and live putting your soul into it.
And when you love,
love as though you have never been wounded,
even if you have.

And love the fact that
you, and
others, live
here, in this
village.

Perhaps,
if enough of us learn to love our village
it may yet be possible to save it from the
violence that is
tearing it
apart.


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です