toggle
2017-08-28

【ひとり言】「え?布ナプキン、使っているんですか?」

こんにちは。内田登代紀です。

昨日は東急ハンズ博多店で
布ナプキンの説明に立たせていただきました。

店頭に立っていると、
「どうやって交換するんですか?」
「洗うの大変ですよね?」
「何枚くらいいるんですか?」などなど
布ナプキンに興味を持って下さった方からは
色々なことを聞かれるんですが…

たまーにこんなことを
聞いてこられるお客様がいらっしゃいます。

「布ナプキン?え!お姉さんも、
これ使っているんですか?

え?何聞いてるの??
私が…?

そんなのそんなの…

当たり前でしょ~~!(>_<;)

と一瞬戸惑うんですが
その質問の意図を考えると…
「あなた、これを売っているけれど、
本当に、実際に…使っているの?」

という疑いと

「布ナプキンなんて…ありえない!」

という反発的な感情と、さらに同時に

「販売者としてでなく、
本当に使っている人の話なら…
ちょっと聞いてみようか」

というのも本心でしょうか…
興味も少し湧いてるような気もします。

思いがけない言葉にびっくりしながらも

「も、もちろんですよ~!」
とついオーバーリアクション。笑
(↑なんでわたしが焦るのか!?)

いや~なんかね…

例えばこれってさ、

ウインナーの試食販売員にむかって、
「そのウインナー、
あなた食べたことあるんですか?」

って聞いているようなもので…(笑)

きっと世の中、
食べたことないもの・使ったことのないものでも
上手に販売できる営業のプロ
というのが存在しているから
そのたぐいなのでは?と思われたりしたのかな。

残念ながら…
正直…わたし、
営業は、下手な方なんです。

しかも、布ナプキンは、
ただでさえ、売りにくいモノ。
対象にするお客様の幅も狭いし、
使い方を知らない人が殆どで説明も必要。

分かりやすく説明する必要はあって
それは確かにできる。

でも、
難しい商材を売れる
プロだからといって…

テクニックでもって何でも上手に
「買わせる」ことができるのか?と
いうと…

絶対違う。

自分が本当にこれが大好きで…納得して
これは自分だけが知ってるのは勿体ない!
という気持ちが自然と湧いてくるような、
そんな湧きあがるような情熱がないと…
どうしても言葉が出てこないんです。

あんまり自分にピンときてないモノを、
たやすく人に勧められない性質というか。

そんなわたしだけど、布ナプキンは…

布ナプキンは、

絶対いい。

布ナプキンは、絶対に…
女性たちの幸せにつながる!!

本当にいいと自信があるから、

…伝えたい。と思って始めて8年。
布ナプキンの心地良さは、
女性たちが…知ってて損のないことだから!

実際に使い続けてみたら…
生理があってるという自分を、
「大切な存在」と感じられる喜び

それを実感できるイメージがはっきりとあるの。

「わたし、次の生理がなんだか…
楽しみになりました♪」

だから、この言葉が聞けたら……
わたしは感無量!!笑

そのためにずっとやってきたんだから。
ただ、買ってくれればいいわけじゃない。

だから、わたしは店頭でお話する時も
営業トークというよりも、
超不器用な、本音でしゃべってます。

たぶんこれからもずっと
変わらずにこのスタイルなんだろうなぁ


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です