toggle
2017-09-02

【ひとり言】わたしのクセ。

こんにちは。内田登代紀です。
私の住む福岡(宗像)では、
すっかり秋の気配。
数日前から風がとても気持ちいい感じ。

今日は、わたしのクセについて…
ちょっとだけお話させてください♪

人は誰しも何かしらのクセ
ってあると思うんですが、
わたしにも、ちょっとしたクセがあります。

家とか屋内から外に出た時に…
必ず「空を見上げる」
というクセです。

とにかく、
晴れの日も雨の日も曇りの日も…

朝でも昼でも夜でも…
空を、よく見上げます。

動物的なのでしょうか…?(笑)

でも、毎日(というか、外に出る度に)
見てもやっぱり全く同じ空の日って、
ないんですよね。
刻一刻と、変化する空。

ビルの間から見る四角い空も、
大自然の広大な空も、
どんより
いまにも泣きそうな空も…
どの空もそれぞれに魅力的です。

小鳥たちが何羽かでおしゃべり
しながら遊んでいたり、
シュ~ッと鮮やかな青に
白い線の飛行機雲と月のコントラスト
が面白かったり。

↓これは、つい先日自分で撮った写真。

でも写真で切りとっても…
やっぱり空は生身で感じていたい。
この肉眼で、この肌で、
空を感じることが好きで
習慣化してしまったんでしょうね。

ずっと昔からやっていたような気がします。
わたしが空を見上げていることは
完全に無意識で…
外に出たらオートマチックに
やっていまいますので
これが、
わたしのクセだっていうことに
つい最近まで知らなくて。

何のネライもなかったのですが…
実はこの間、美容に携わる先生が
「一日1回でも顔を上にあげる
時間をつくることが美容の秘訣」
のようなことを、おっしゃって
いたことを聞いて、
「あ…わたし毎日何回もやってるな~」
っと思うのと同時に
「え、てことは、皆見上げないの?」
空を一日何回も見上げたり…しないの?
と、個人的なクセだったことを
改めて知ったんです。笑

わたしが空が好きな理由のひとつには、
遠くのあの人とも、
離れていても繋がっている…
思えるから。
ロマンチック過ぎて
ちょっと恥ずかしいけれど(笑)

遠くに住む人や、
なかなか会うことができない人、
もうこの世にいない人…
たくさんの人たちと、空は繋がって
いるから。

ただぼうっと見ることもあるし、
誰かを想い浮かべることもよくあります。

毎日月を見ていたら、
月の満ち欠けの具合も当然わかるので
楽しいものですよ…♪

月の光は…また、しっとりと美しい
女性のようなものを感じますね。
満月も三日月も、どの月も
完璧に美しくて大好き。

9月に入って…
秋の夜長になってくる季節ですね。
お団子をつまみながらでも…(^o^)

もしよかったら、今年の秋は
わたしと一緒に
家の外に出たらふと見上げて…
月を愛でてみませんか~。笑

 


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です