toggle
2017-06-02

【ひとり言】クロレラ工業さん関西イベント「つぼみの会」

こんにちは。内田登代紀です。日曜から2泊で関西へ出張して参りました。
その一番のきっかけになったのは、株式会社クロレラ工業関西支所主催の『いのち』をテーマとした講演会とコンサート。今日はその様子を少しお伝えしたいと思います。

クロレラ工業さん関西イベント「つぼみの会」

布ナプキン『うふふわ。』の取引先である、株式会社山水さん。福岡直方の自然食卸問屋さんなんですが、山水さんは、わたしが2014年に『LOVEカルテ』を発行するときに大きなお力を貸していただき…今でもとっても応援してくださっている企業さまです。
わたしが『LOVEカルテ』を創るときに、もしかしたら力になってくれるかもしれない…といってご紹介くださったのが、クロレラ工業株式会社さんでした。

「クロレラ」…という植物をご存知でしょうか?地球上でもっとも小さくもっとも古くから存在する植物。


すべての栄養素がバランスよく含まれていて、クロレラだけを摂取していても生きていけるほどのパワーフードなんだそう。
この小さな粒1つに、クロレラという植物は…なんと2億個も含まれているとのこと!

このクロレラ工業さんは、母乳育児の活動をずっと続けて来られています。
クロレラの『バイオリンク』という商品を取り扱っている、全国の薬局店さんで、ママたちに向けた母乳育児と食の教育を提供しているのです。

このクロレラ工業さんが今回主催されていたイベントに、山水さんが布ナプキンを展示されるとのことで…この度、わたし内田が応援に行ってまいりました。

布ナプキンは命の源の排卵・月経とダイレクトにつながるアイテムですからね…♪
山水さんの取引先である薬局店からの強いご要望があっての出展でした。

今回のメインの講演会は…わたしと同じ福岡で助産院をされている寺田恵子先生

先生のお話は…とっても素晴らしく…涙が出るお話でした。

「いのち」がどれだけ奇跡の連続で生まれたのか?もお伝えされていましたが、
中でもやはりインパクトがあったのが、出産のときのお話です。

助産院でお産されるママは…よく、眠るようにしてお産をされるということ。

お産のイメージって…普通、どうですか?
痛い‥ということしか想像できないのでは?わたしも以前はそうでした。

いえ、ほんとうに…陣痛は痛いです。人生最大に痛いことです。当然です。でも…

でも…実は、その痛みは産み方によってちゃんと「待つ」「産みたい態勢で産む」そのような自然なお産をすれば…
脳内麻薬「βエンドルフィン」が出て痛みを忘れさせてくれ…さらには、
お産の瞬間は「気持ちいい」んです。

「気持ちいい~」「気持ちいいい~」って言いながらお産するママもいるし、
お産の直後に「また産みたい…!」と言うママも少なくないんだそう。

これは…産婦人科では…あまり聞かない話かもしれません。
わたしも初めて知ったときには、自分自身のお産とのあまりの違いにショックで…
産み方を随分後悔してしまいました。

寺田先生の話を聞いていたら…やっぱりわたしも「ああ、また産みたいなぁ~!」と思っちゃう♪
でも…奇跡は必然的に起こることですから…。これは、わたしの中で大切な気持ちとしてとっておくことにします。笑

実は、お産はオーガズムだということは、『LOVEカルテ』~わたしの性に出逢える本~にも綴っています。

LOVEカルテわたしの性の出会える本

それは…人間が感じる「気持ちがいい」という感覚にフォーカスして、その真理を書かせていただきました。
実は…小さな細胞も、大きな宇宙も、愛し合って・生まれて・死んで…を繰り返しているというお話です。
(わたしが書いたわけですから、決して難しくなく…とても優しい言葉で、若い方にも雑誌のような感覚で楽しんで読んでいただくことができます。興味ある方はぜひ読んでみてくださいね。)

寺田恵子先生の講話の後は…弓削田健介さんのコンサートも行われました。


とっても癒される声なんですけれど…、中には笑いもあり…!
歌詞には涙が出るものもあり…、本当に楽しいコンサートでした。

これは↓終わってからスタッフの懇親会で撮った写真。


左から弓削田さん、クロレラ工業の畑中部長、わたしの右側が山水の迫田さん。

実はクロレラ工業さんは、あの世界中で有名な…和太鼓グループ、DramTAOのスポンサーなんです。知っていましたか?


あまり、広告として名前を使っていないため、知られていませんが…クロレラとTAOは、硬い信頼を結んだ初期からのパートナーなんです。
「身体にクロレラ、心にTAO」と、アートを人の心の栄養に必要なこととして活動を支えています。

ほんとうに熱い・熱い、すてきな企業です。
お仕事とはいえ、こんな会に参加できて、わたしはなんと幸せ者なのだろうと思ってしましました。ありがとうございます。

いのちの大切さを伝えるその前に…、わたしにできること

助産師さんの「いのち」の授業はとても素晴らしく、わたしにはできないことです。
でも…いのちの始まりの前には、何かがありますよね。
そう、それは…パートナーとのセックス…愛し合うこと…排卵・月経…。

「わたしには、わたしの役割がある…」

助産師さんのいのちの大切さを伝える性教育ではない観点で話せること、
わたしも普段から…確かに重要なことをお伝えしているなぁ…と
改めて自覚することのできたイベントでもありました。


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です