【コラム】サンデー福岡に《うふふわ。》内田が登場!【輝く女性プロジェクト】

輝く女性プロジェクト…♪
女性起業家として
内田登代紀《布ナプキンうふふわ。》

サンデー福岡』
載りました…♪♪

(文・スタッフゆう姉)


「女性の起業って…?」
「家事との両立は?」
「やっぱり大変…?」

そんな皆が知りたい疑問に、内田登代紀が『サンデー福岡』でお答えしました。
福岡・北九州・山口エリアの西日本新聞に折こまれる1,245,000部数のフリーペーパー『サンデー福岡』

《布ナプキンうふふわ。》を1からスタートさせた内田登代紀へのインタビュー記事から抜粋して、ご紹介いたします♪


起業したきっかけは?

(内田):《布ナプキン》と出逢い、その心地良さと感動を多くの女性達に教えたい!という気持ちがきっかけです。

起業して苦労したことは?

(内田):最初はほとんど資金もなく、人脈も経営などの知識もないままスタートしたため、商品価格の設定から間違っていたり、お取引先がなかなか決まらず利益を出すことが難しかったです。

起業して嬉しかったことは?

(内田):「生理に対するイメージを変えられた。」という喜びの声です。

また会社勤めでは出会えないような面白い人達との出逢いを頂き、人間として成長できることが、とても楽しいです。

家族や友人など周りの理解は?

(内田):私の熱意に負けてか、家族は理解してくれました。元夫には迷惑をかけたかも知れませんが、放任してくれていたお蔭で、今があります。
友達もとても協力的で、未だに周りの方々には助けて頂いています!

起業して大きく変わったことは?

(内田):商いとは『感謝の対価が集まりそれが色々な人たちへ流れていく、とても素敵なこと』。
子どもに「大人は自由で楽しいよ!」と背中で見せられることが誇らしいです。


私から内田登代紀を見て、1スタッフとして思うことは『とにかく、お客様のことを第一に深く考えていてスタッフ達にも常に気配りし、本当に自分のことは後回し』だということ。

それでも「とても楽しいよ♪」と言い切れる彼女の瞳には、起業家にしか分からない世界が広がっているようです。
そんな《うふふわ。》に携れることは、スタッフにとっても♪大きな喜びです(^^)

これからも皆さま方♪

布ナプキン《うふふわ。》を
宜しくお願いいたします♪(^^)

⚫︎『サンデー福岡』さん、
⚫︎『輝く女性プロジェクト』さん、
取材、ありがとうございました!♪❤︎


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


2017-05-26 | Posted in コラム『愛されメモ』No Comments » 

関連記事

Comment





Comment