【コラム】ヒトの内臓って美しい…。

こんにちは。 『うふふわ。』スタッフ ゆう姉です。

「まるで柘榴(ざくろ)の実のような深紫色、石は光輝く黒曜石ーー」

 

実はこれは私が、手術によって取り出された、母の胆嚢と胆石を見たときの感想です。

dbbf7d33606c055855d9d633a4304a2a_s

高校時代、付き添い人として医師から見せられる前は
「怖いな〜・・・病気で摘出した臓器を見るだなんて・・・」

と嫌がっていたのですが、それを目にした途端、その美しさに感動するほどでした。

 

こんなに綺麗なモノがヒトの体の中に、隠れて入ってたなんて…!

 

普段、目にすることは絶対にないし、グロテスクに違いないと思い込んでいた内臓。

まったく期待を裏切って、母の体から取り出すのが惜しまれるくらい美しかったのです。

 

このような意外な話は、他でも聞きました。

「私が手術で切り取った子宮頸部は、淡いピンク色のクラゲみたいだった。可愛かった…。」

どうやら私達の身体の中には、綺麗で可愛いものが、た〜くさん詰まっているようなのです・・・!

 

私がそれを日常で感じるのは、布ナプキンを洗う瞬間。

緋色が透明に輝きながら、深く水に溶け込んでいきます。その水は若いワインのような、鮮やかな色の紅茶のような・・・なんとも美しいのです

81f60e775446e1602bb7ea5ecb37acd7_s

月経血は、紙ナプキンで見るかぎり黒っぽく単なる汚れと感じてしまいます。

丸めてダストボックスへ捨てて・・・私は以前、紙ナプキンを使っている間は、月経をただ排泄の処理ととらえがちでした。

今は、自分の可愛い内臓から出てきた、美しい色を持つ私の一部…

子宮はカワイイ、月経はキレイ。

 

これは人間であれば誰しも持つまぎれもない事実です。

ただ、それを確かめる方法が見当たらなかっただけなんです。

 

布で出来たナプキンを洗うとき、私は今だに新鮮な感動を覚えます。

自分の中に・・・イキイキ輝いてる私の分身が・・たくさん詰まってくれてるんだ・・!と。

 


私たちのこのサイトは、どうしても「女性に伝えたいコト」があります。 うふふわ。から、女性たちに伝えたいコト
それを知った女性たちの「本音」の声が聞けます。ぜひ、コチラに>>>


2016-06-19 | Posted in コラム『愛されメモ』No Comments » 

関連記事