【コラム】セルフプレジャーとは?その意味とおすすめの理由③女性のオーガズムを医学的に解説

こんにちは。内田登代紀です。
「セルフプレジャー」について3回に分けてその言葉の意味や、わたしがお勧めしたい理由についてお伝えしています。
前回までの記事
「セルフプレジャーとは?その意味とおすすめの理由①」>>>
「セルフプレジャーとは?その意味とおすすめの理由②女性の性的自立」>>>

他の誰のものでもない「快感」

今日は、セルフプレジャーによって、どのようなことが得られるか…?
そのことについて、参考資料を元にお伝えしたいと思います。

セルフプレジャーとはこれまでの記事にも書いたとおりですが、「自分自身を喜ばせる性的行為」(マスターベーション)のことを指します。
その行為そのものへのイメージを、ちょっと素敵なものに変化させたくて、①・②と書いてきましたが…いかがでしたでしょうか?

自分に触れることは、他の誰の評価でもない…自分自身だけが喜ぶことなので
人から「すごいね」とか「きれいだね」なんて誰も言ってもらえることではありません。
当然直接的に「お金になる」わけでもなく、
「そんなことよりも、早く寝たい…」なんて毎日クタクタに疲れ過ぎている人もいるかもしれませんね。
それじゃあ…セルフプレジャーはしても、しなくてもあんまり変わらないことでしょうか…?
オーガズムを迎えたと感じたことがない方にとっては、特にそう思えるかもしれませんが…

わたしは、セルフプレジャーによって得られるオーガズムは、女性にとっても、とても大切なことだと考えています。

なぜならば、実は感覚的に感じられる“快感”がある、というだけでなく、目では見えませんが…確実に身体には変化が起こっているからです。また、そのことが潜在的に精神面にも深く影響していて、女性の魅力UPに繋がることからです。

婦人科医であり美容皮膚科医でもある松村圭子先生は、このように女性のオーガズムについて解説されています。

幸せホルモンのお祭り!女性のオーガズムを医学的に解説

「愛のあるセックスでは、ドーパミン、セロトニン、ノルアドネナリンなどの神経伝達物質の分泌が高まります。(中略)この神経伝達物質が活性化することで、生命活動を維持する自律神経が安定し、女性ホルモンが活性化されます。(中略)
この女性ホルモンが、女性の美容から健康、そして妊娠・出産まで幅広く影響を与えているホルモンで、異性を誘惑する色気、セックスにも強く関与するもの。(中略)
オーガズムを得ると、体は弛緩して究極のリラックス状態に。自律神経の中でも副交感神経が優位になっています。(中略)副交感神経が優位になると血管が広がって血行が良くなります、すると体のすみずみまで栄養が行き届き、髪の先から足の先まで美しく健康に。むくみや冷えといった女性特有のトラブルも遠ざけます。脳ではストレスが和らぎ幸福感が満タンになり全身が幸せオーラで輝きます。」

また、産婦人科医で性科学者でもある、宋美玄先生も、松村先生と同じように幸せホルモン分泌について述べていますが、オーガズムについて、更にこのように言及しています。

「さらに、あまり知られていないことですが、オーガズムは身体の健康とも深い関わりがあります。偏頭痛で悩む女性は少なくありません。月に数回、頭の一部やこめかみなどがズキズキと痛み、家事や仕事に集中できないという、やっかいな病気のひとつです。
なんと、これがオーガズムに達することで軽減されるということが、近年の研究によってわかっています。頭痛薬を飲むよりも、セックスをして感じる絶頂感のほうが、早く痛みに効くというのだから驚きです。
また、ふだんからオーガズムを経験している女性は、子宮内膜症になりにくいという報告もあります。なぜそのような現象が起きるのかは現代の医学をもってしてもまだ解明されていませんが、女性の身体とオーガズムに密接なかかわりがあることは確かなようです。」

オーガズムで子宝に恵まれるかも?

また、オーガズムを迎えるときに膣がどのような状態になるのかも、ある程度のことが明らかにされています。
膣はオーガズム寸前になると精子を閉じ込めるように膣の入り口部分が膨降して狭くなり、腟の奥は広がり子宮が上昇していきます。そしてオーガズムに達すると膣周辺の筋肉が0.8秒間隔で収縮します。
この動きは、ちょうどスポイドのように吸い上げるような動きです…つまり、受精を助ける働きであることにほかなりません。女性のオーガズムも子宝に恵まれるための生理現象の一つであることは間違いないようです。

医学の面からみても、オーガズムは単なる感覚的な「快感」ではなく…意味がある身体の働きなのです。

パートナーがいる・いない、子どもを望む・望まないに関わらず、
セルフプレジャーは、ひとりでできる喜びです。
そして、喜びだけでなく…
心も身体も健康に整える、セルフメンテナンスとしても、また子孫繁栄のためにも、
とても大切なことであることが少しお分かりいただけたでしょうか?

究極の癒し、オーガズム。

もっと、もっと、自分を愛しましょう。
と言われると…何かしら外側にある「ご褒美」を自分に与えるイメージがありませんか?
可愛い服や、高級なお化粧品を想い浮かべる人もいるかもしれませんが、それは世の中のウマイ「営業戦略」に乗せられているだけです!笑
それよりも…実は即・効果があって、内側から健康に輝ける秘訣。
しかも、無料。(他の誰の得にも、損にもならない。)
更にこの上なく…「気持ちいい」を感じられて、元気になれる…なんて、まるで魔法のようなこと…

それが「セルフプレジャー」なんです。

これぞ…真の、究極の“癒し”であり、“自愛”の行為。

だから、もっともっと、感じましょう♪
幸せな快感に素直になっていいんです♪♪
女性のみなさんに、わたしは心からセルフプレジャーを、おすすめします。

2014年に布ナプキン『うふふわ。』シリーズとして発刊した「LOVEカルテ」~わたしの性に出逢える本~では、このオーガズムについて、もうちょっとロマンチック(でも哲学的)に描かれています。

あなたが読み終える頃には、きっと「性」へのネガティブイメージ(汚らわしい・罪悪感など…)は、素敵なものへと変わっていることでしょう。

この本…、オトナの女性へ成長した大切な娘へプレゼントされる方も多いです。 学校では習えない…新しい性教育バイブルとして、とても素敵な本ですからね…♡(たくさんの専門家のご協力とクラウドファンディングのご支援者の力により産まれた、まるで奇跡のような本です。)

付属のDVDには、幸せなセックスの伝道師・劒持奈央(けんもつなお)さんからの、セルフプレジャー(奈央さんは、このことを「ひとり宇宙」と呼んでいます)についての生のメッセージを収録されています。

(『LOVEカルテ』の目次など詳しくは…↓↓クリック)

『LOVEカルテ』わたしの性に出逢える本 2500円(税別)

次回は、女性がオーガズムを迎えるために必要な「筋肉」について、お伝えしてみたいと思います。お楽しみに。

前回までの記事
「セルフプレジャーとは?その意味とおすすめの理由①」>>>
「セルフプレジャーとは?その意味とおすすめの理由②女性の性的自立」>>>

ご紹介させていただいた文献
・『ずぼらちゃんのSEXバイブル女性ホルモンで愛されるからだ』婦人科・美容皮膚科医 松村圭子 著
・『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』産婦人科医・性科学者 宋美玄 著


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


2017-10-11 | Posted in コラム『愛されメモ』No Comments » 

関連記事

Comment





Comment