toggle
2017-08-29

【コラム】生理中に優しくされる方法

こんにちは内田登代紀です。

生理がツライ。休みたいけど休めない

生理中・あるいは生理前に
「ああ~休みたいな」
と思うことはありませんか?

でもお仕事や、家事などがあって
自分勝手にお休みすることができない
仮に生理痛があっても
鎮痛剤でとりあえず抑えて、頑張る。
それが…現実かもしれません。

そんなふうにして、
一生懸命頑張ったのに…
外からは、あなたが生理中であることなんて
わかりませんから、
普段以上の仕事を押し付けられたりして。

ヘトヘトになって帰宅したら
今度は山積みの家事・育児…
子どもたちも、もっぱらお母さんに
甘えっぱなし。

こんな一日をやり過ごして、
疲れた顔をしているのに、
その様子にすら全く気付かぬ夫

夜の営みに、生理中だと断ると
露骨にチッという態度。

生理なんて 嫌い ですか?
夏場なんて特に
暑くてムレるし、臭うし、かゆい。
それが、生理。

いいことなんて一つもない! って…
思っていませんか?

少しの心の工夫でチェンジできる

ほんのちょっと工夫するだけで
そのイメージがガラッと変わるといったら?

その工夫とは…
あなたの心の中での工夫です。

まず…

生理中は「お姫さま」で過ごすと決める。

生理中って…なんとなく自分で
魅力的ではない女性な気がしませんか?
それは誰かから見てではなく…
自分自身で、そうとらえていないでしょうか。

生理中=辛い・面倒くさい
生理中=みにくい女

そんなネガティブなものをいつの間にか
「普通」なことだと思い込んでいるかも?
だから、
こう書き換えるのです。

生理中=デトックス中
生理中=お姫さま

デトックス中のお姫さまとして、
自分自身を扱ってみましょう。

デトックス期間だから、あまり
色々刺激的なことをするよりも
ゆっくりとリラックスして過ごそうと
するようになるでしょう。
仕事も休めるときは思いっきって休んだり
もしそれができなくても、
できるだけ自分を甘やかすのです。

特にトイレタイム!

トイレタイムすらも…
忙しくでできるだけ短くとる
そんな過酷な環境、身体が「NO!」
サインを出します。それが生理痛です。

あなたの意識に向けて
「気づいて!」と言っているかも。

生理が嫌だと、面倒だと思っている心に。

だから身近な家族へも、
あなたが生理中であること…
「お姫さま」期間中であることを
ちょっぴり自慢げに伝えてみましょう。

「素敵なこと」だと自分自身がとらえて
それを説明すると
受け取り方は全然変わります。

もしかしたら、
同じ同性からキツく言われることも
あるかもしれません。
「何甘えたこと言ってんの?生理くらいで」
なんてヒソヒソ言われることも?

傷ついちゃいますね…

でも、ここは一つあなたの方が大人になって。

継続が大切です。

何が何でも。あなたは
自分のお姫さま期間を守るのです!!

これが、優しくされる方法

「どうせ」の口癖は、やめちゃえ!

「どうせ、職場の人にも迷惑かけられない」
「どうせ、子どもたちに言っても仕方がない」
「どうせ、夫もわかってくれない」

傷つきたくないあまりに「どうせ」と
相手を信じる前に諦めてはいませんか?

勇気を出して
自分の身体を愛しむ行動を
毅然と、やってのけてください。

次第に周りの方が、理解し配慮してくれる
ようになるはずです。

職場や友達、子どもたちや親よりも
自分の一番身近なパートナーには
特に…
あなたのことを理解し労わってくれる存在
でいてほしいですよね…?

一番愛している人であるからこそ、
一番愛されたい。

それは…自然な想いだと思います。

でも、実は、その前に

最も愛すべき人は…他でもない
あなた自身。

自分」とは、らをける
と書きますね。
(日本語はやっぱり悟っている!)

自らを分けた存在、それは
身体と心なのかもしれません。

誰かに、
「分かってほしい。
配慮してほしい。」

と願うならば、まずは
あなたが誰よりも身体のことを
分かって配慮してあげてみてください♪

自分に優しくしてあげていたら…
自然と周りから優しくされるようになる。

これは、この次元の
「仕組み」のようなものなのです。

布ナプキン『うふふわ。』は、女人生を変えるもの!>>>
使っていて、誰かに見せびらかすもの
でもありませんし、
「キレイね、痩せたわね」
なんて言われることではありません。
また、
「便利な道具」でもありません。

でも、他の誰でもない…
愛する自分自身のために。

「気持ちいい♡」を味わうために
使って楽しむ女性たちが、増えています。

生理は、辛くて面倒なものではなく…
楽しみになるくらい、愛しいものに
変化するアイテム。

一度だけ…のつもりで使っても…

「もう、もと(使い捨て)には戻れないんですよね」

なんていうご意見はよく頂きます♡

生理を楽しめる時代が、やってきました。笑


最近女性の間で噂の「膣キュン・膣きゅん」ってなに??


膣キュン」基礎知識、
膣キュン」コラム、
膣キュン」グッズ、
膣キュン」身につけ方…?!
気になる「膣キュン」にまつわる情報が満載
特集ページへジャンプ♡>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です