toggle
2018-04-13

【コラム】布ナプキンが面倒くさくて挫折した人へ

こんにちは。布ナプキン『うふふわ。』社長係の内田登代紀です。

布ナプキンを使うと「生理が少なくなる」「気持ちがいい」と聞いて、早速購入して始めてみたけれど…
やっぱり洗うのが面倒で…逆にストレスがたまりそう!
「こんなことなら、買わなきゃよかった…」と結局使い捨てナプキンを買いに走る羽目に。

…なんて方、いませんか?

布ナプキン、やっぱり面倒くさくて挫折

布ナプキンを店頭でご紹介しているときにたまにこういう方と出会います。

お客様「ああ、布ナプキン。わたし、
    使ったことあります。」

わたし「そうですか!使ってみていかがでしたか?」

お客様「まあ、確かに気持ちよかったんですけど…
やっぱり
洗うのが面倒くさくてやめちゃいました;」

 

まず、わたしから声を大にして言いたいことは…

布ナプキンは1回だけじゃなく、3か月くらいは意識して使ってみて!

ということ。
布ナプキンは、洗って繰り返し使うものなので当然「洗う」必要はあります。

その洗ったり持ち運びをしたりする「手間」と、「気持ちいい」とか「身体が楽」とか「楽しい」というようなプラスな気持ちとを天秤にかけたときに…
当然メリットのほうが上回らないと、続ける意味がありませんよね?

いくら身体に良い環境に良いとか、コスパが良いなんて言ったって、女性にとっては自分自身が楽しいとか面白くないと、続けられないですよね?

わたしは、続かなかった方からお話を聞いて、もし洗い方に問題がある方へは

面倒くさがりでも続く簡単な洗い方>>>
をおすすめしているんですが…それ以前に…

たとえ布ナプキンを洗うのがちょっと「面倒だな」と最初は感じても…しばらくは続けてみてほしいです。

なぜなら「面倒だな」と感じるのは、

わたしたち現代女性の生活が
買って→使って→捨てる→また買う…

というサイクルが「ふつう」な習慣としてすでに身についてしまっていて

それまで見もせず触りもせずポイっと捨てるだけだったものを、「洗ってまた使う」わけですから
面倒な感じがするのは当然なことだからです。

人の習慣というものは…
なかなか変わらないのが現実ですが

逆に、「習慣」は自分の意識で変えていくこともできることです。

普段だったら、使い捨てのナプキンを買うところを、
あなたはせっかく「布ナプキン」を選択して購入されたわけですから、

お試しで3か月ほどの「習慣」(3回の生理期間)を、変えてみることをお勧めします。

そもそも、布ナプキンは、最初から外出先で持ち運んで使う必要なんてないです。
まずはお家にいるときだけ使ったり、
「おりもの用」のライナーを試しに使いはじめるのもよいかもしれません…

気分が乗ったときだけでもいいので、
とにかく、コツは…少しずつゆっくり続けること
布ナプキンのその良さは、時間をかけてジワジワと実感できるようなもの。

新しいお化粧品ですら、1回使用しただけではその良さを実感するのは難しく、お肌の生まれ変わりの関係で、一か月~数カ月かけて使ってみることで、
「なんか、コレいいかも」と思うものも少なくありません。

もちろん、布ナプキンも1回着けただけで
「おお!これは…!!心地いいわ♡」
感動してすぐに追加で購入されたりする方もいますが、それは、すごく感覚に素直な方なのだと思います。

だから、もし最初「面倒かな」という感じがしても、
無理しない範囲でいいから、とにかくボチボチと…続けてみること

いつのまにか「洗う」ことが手間ではなくなり、「ふつう」なことになって…
むしろ、それもライフスタイルになって愉しめるようになることで、
実は、そこからが女性性がぱっと開花していくスタート地点なんですよ♡

布ナプキンは、今、とっても素敵な女性たちの間で流行っています。

生理に時間と手間をかける=女性性(自分)を心から愛することだから。

「布ナプキンを使うと生理の量が少なくなる」?

「布ナプキンを使うと生理の量が減る」というウワサをどこかで聞いて使ったのに、
全然変わらなかった!
たくさん汚れて、ただ洗うのが大変なだけだった(涙)
とガッカリしていませんか?

まず…誤解を解いておきたいことは、
布ナプキンを使えば
生理の量が少なくなるわけではないんです。

正しくは、
ちゃんとトイレで排泄できるように意識することで
布ナプキンをあまり汚さなくなってくるのです。

布ナプキンを使い続けていくと、
皮膚感覚がだんだんとよみがえってきて…
感じやすくなってくる♡

濡れたか?濡れていないか?
温かいか?冷たいか?などのデリケートゾーンの皮膚感覚です。

また、月経血をちゃんとトイレで出す習慣を身につけると、
ナプキンを汚さなくなってラクなだけじゃなく、すっきりと生理期間が短く終わるようにもなります。

それには、布ナプキンを使い続けて、正常な皮膚感覚を保つことと同時に、
骨盤底筋を柔軟にトイレでの排泄をちゃんと意識すること、
そして筋肉を鍛えて月経血を溜めることを
すこしずつトレーニングしていくと相乗効果により、おのずと結果が表れてきます。

いつの間にか、…あれ?
「布ナプキンをあんまり汚さなくなった!」

「夜寝るとき、出なくなった!」

ということに繋がっていくんですね。

感じやすくなるまでに、皮膚感覚が戻るのに必要な時間や
トイレで排泄する「おんなのこスキル」が身につくまでにはどのくらいかかるのかは、
当然、筋肉の付きかたや意識の違いによるため個人差によります

あなたがどのくらいトレーニングを意識をするか?生理を楽しむか?次第です。

例えば「さあ、次のトイレではどのくらい出るかな?」というようにゲーム感覚で楽しんだり、
洗うときも「汚い」「面倒」…と嫌な気持ちでするんではなく、
「きれいな赤だな…」とか「いつもデトックスしてくれてありがとう♡」
自分の体にお礼を言ったり。

生理期間をプラスに過ごす大切な時間にしてみてください。

ちなみに、わたしは生理期間を「お姫さまの日♡」と呼んで、その時期はお姫さま気分で自分にやさしくしてあげているし、パートナーにも「今日からわたし、お姫さまの日で~す。」と報告するようにしています。笑

そしたら、周りもちょっと意識してくれて、無理のないよう配慮してくれたりします。

布ナプキン『うふふわ。』は、可愛いだけじゃなく、肌面が今治タオルなので、まるで「ふかふかのお座布団」みたいな贅沢な使い心地。

せっかく期待して買った布ナプキンを、たった1回使って
「あ、やっぱり面倒。」
と諦めてタンスの肥やしにしてしまうのは…

少し、もったいない気がします。

無理しない程度、少しずつでいいので、まずは…ニコニコしながら、使い続けてみることから

そうしたら布ナプキンは、きっとあなたに女としての“幸せ”を実感させてくれますよ…♪
ぜひ布ナプキンを「愉しんで」使ってくださいね。

挫折しちゃった方へ…「まとめ」

・布ナプキンは洗う習慣が身につくまで続けよう
・ボチボチ無理せず続ける。まずは1~2枚お家にいるときだけなどからスタート
・買って→使って→捨てて→また買うの習慣ごと変えよう
・洗うときに「面倒」を感じるよりも、自分の身体に「ありがとう♡」を言おう
・生理はトイレで出そう!(出し方のコツも下記で教えています。)
・デリケートゾーンは感じやすくしていたほうがよい♡
・生理の日は「お姫さまの日」として贅沢に過ごそう

月経血トレーニングの講座が福岡であります>>>

膣キュン(膣トレ)のために開発した布ナプキンはこちら↓↓


最近女性の間で噂の「膣キュン・膣きゅん」ってなに??


膣キュン」基礎知識、
膣キュン」コラム、
膣キュン」グッズ、
膣キュン」身につけ方…?!
気になる「膣キュン」にまつわる情報が満載
特集ページへジャンプ♡>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です