toggle
2017-08-23

【コラム】めざせノーナプキン!?生理を溜める方法

こんにちは。内田登代紀です。
久しぶりにコラム書きます。
以前書いたコラム、
「膣キュン&生理の出し方①~③」
読んでくださいましたか?

続きが遅くなってごめんなさいね。

もし、まだの方は…まずはコチラから>>>

生理の出し方をマスターしたら…
生理後がスッキリすることに
気づかれた方もいらっしゃるのでは…?
今日は、生理をしっかり溜める方法
についてお話したいと思います。

めざせノーナプキン!?生理を溜める方法

ノーナプキンも夢ではありません…☆
もちろん人ぞれぞれ生理の量も
違いがありますから、
一概には言えませんが…

それまでの量から比べると、きっと
劇的にナプキンを汚す量が変わる!

ぜひぜひ試してみていただきたいのですが…

ただし…!
これを実践できるのは……
最初にお伝えした、
「膣キュン&生理の出し方」
これが身に付いてからのお話です。

生理を我慢すると、身体に悪い!

なぜならば…
しっかりと生理をトイレで出せていないのに、
我慢することからチャレンジしてしまうと…
逆に身体に悪いことになりかねないからです。

以前ユーザーさんで、
そういう方がいらっしゃいました。
「ずっと出さないように…と膣を締めて
気を付けていたら、お腹が痛くなって…」
話をよく聞いたら案の定、
ちゃんと出すことをやらずに、
我慢だけしていたとのこと。

緊張してきっと膣も子宮も硬くなって
しまっていたのではないでしょうか…
そんなことをしては、絶対に良くない!
元気でクリーンな子宮を保つための
「おんなのこスキル」が…本末転倒です。

また、子宮は心と直結!しています。
気持ちが緊張していては、
臓器も筋肉も硬くなり、
きれいに排泄することができなくなります。

ですから、
①骨盤やその周辺の筋肉をゆるめられること
②生理をしっかりとトイレで出しきること
そして③膣キュン体操で、腟を自在に!
動かせるようになっておくこと…
この3ステップが重要なのです☆

しっかりとそれらができるようになったら、
これからお伝えすることを
実践してみましょう…!

シンプルだけど…

これが生理を溜めるコツ☆

言葉にすると、とてもシンプルです。

「出そうなタイミングで、前もって締める」

膣口が、ふとゆるんでしまうタイミングは
立ったり、座ったり…
ふいに動き出す瞬間ですね?

その瞬間に、「前もって締める」のです。
あくまでも、ず~っと締め続けたりしません。

その瞬間だけ、締めることを心がけます。

立つ前に締めて、立つ。
座る前に締めて、座る。
締めて、歩き出す。
くしゃみも締めてから「はくしょん」

要所要所で締めていきます。
ギュウとお腹に力を入れるのではなく、
腟内は空洞で、腟口でプールする(とどめる)
感覚です。

そうしていると…
ある程度時間が経ったところで

「あ、そろそろ出したいな~」

まるで尿意のように、ちゃんと溜まってきて
「出したい」
感覚がわかってくるように。

そうなってくると、本当にナプキンを
汚す量が減ってきます。

布ナプキンは、
にぶっていた皮膚の感覚が
よみがえり…感じやすくなるため
このスキルが身に付く早道…!!

トレーニング用の『リーフ』もご好評です。

本当に多くのユーザーさんが
実感されています。

(特に…夜は、ほぼ汚さなくなる…!?
そのことについてはこちらの記事を↓)
「衝撃事実☆ナプキンに【夜用】はいらない!その理由とは?」>>>

ちなみに、着物を着ているときの
立ち居振る舞い方に、立つときや座るときに
「お尻の穴を締める」ということが
あるそうです。
同じ骨盤底筋を使うということなのです。

この膣キュンが、
あなたの見た目の美しさまでも
UPしてくれるなら…
なおさら嬉しいスキルではありませんか♪


最近女性の間で噂の「膣キュン・膣きゅん」ってなに??


膣キュン」基礎知識、
膣キュン」コラム、
膣キュン」グッズ、
膣キュン」身につけ方…?!
気になる「膣キュン」にまつわる情報が満載
特集ページへジャンプ♡>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です