【イベント】『ミネハハ』コンサートの感想〜刻を超えて〜♪

☆*+《ミネハハ・コンサート感想》+*☆

ミネハハ コンサート

生まれて初めて

コンサートで泣いた・・・!

「歌とは泣くものではない」
そう思って40年来、生きて来ました。(スタッフのゆう姉です。)

「音楽」とは、その文字通り「楽しむ」もの。
そう思い込んで来たワタシは、コンサート・ライブ…様々・たくさんの歌を聴きに行きましたが

大きく感動はしても
涙だけは流れたことが、生まれて一度も無かったのです。

 

歌に涙するのは、演歌のように「歌詞」のストーリーに共感するとき。
…ですので今までワタシが唯一泣いてしまった歌は、紅白歌合戦での美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」だけでした。

 

「すごいコンサートだったの!聴いて2曲目で…涙が出ちゃった…‼︎」

ミネハハさんの歌声を聴いた内田(うふふわ。の代表)の感想。
ワタシは大袈裟だなぁ、感動屋サンなんだなぁ、と笑って話を聞いていました。

そして、内田にすすめられて一緒に、ミネハハさんのコンサートに足を運んだ、ワタシの反応は…
不覚にも、1曲目の終わりがけで、涙が頰を伝ってしまったのです…!


童女の歌声を持つ
・・・
女王ミネハハ

ミネハハ コンサート

「歌詞」を聴いていないのです。「声」で泣いているのです。

最初ワタシは、何が自分の身に起きているか分かりませんでした。
61歳、実力派シンガーのミネハハさんの声は…まるで少女…いえ「童女」のよう。

それでいて「母」を想わせる温かさも、持ち合わせているのです。

 

「母なる大地」「童女の煌めき」が、たった独りの女性の肉体から、圧倒的な声量と歌唱力を持って同時に奏でられているのです。これは一体・・・?
それは理屈ではなく・・・ワタシはいつの間にか「声」に揺さぶられて…泣いていたのでした。

 


懐かしいCMソング特集では、ワタシの興奮と、つぶやきが止まらない…‼︎

《笑》

ミネハハ

娘と一緒にコンサートを観ていたのですが「昭和のCMソング・コーナー」になったとき

「ああっ!」と声が出て思わず立ち上がりそうになりました。

ミネハハさんは実に3000曲ものCMソングを歌ってらっしやったのです。

「このCMはね…」とワタシから娘への熱弁が始まり、しまいにブツブツ独り言。

「これ知ってる…!見た見た!…え?このCMも!?」

もう子どもの頃『CM大好き人間』だった自分には堪りません〜〜。ミネハハさん、凄いよ!!

***

例えば…カッコ良くて、話題も面白くて、優しくって余裕があり、しかも少年のような純粋さも持ってる…そんな男の人が存在していたら、はっきり言って「ズルイ」ですよね?

ミネハハさんは、まさしく、それです。

可愛らしさと貫禄と、実力とユーモアと感涙…が同居してるなんて、そんなシンガーがこの世に存在していたの!?

 

ミネハハさん・・・ズルイですよ!!(笑)

と思うほど素晴らしいです。


終わったばかりなのに…

すぐ、またコンサートに行きたくなった。

うふふわ 布ナプキン

2時間のたっぷり充実したコンサート…幼稚園児だったにも関わらず、娘はジッと聴き入っておりました。

 

クライマックスの「アメージング・グレイス」を聴いたとき

ワタシの頭の中は完全に「言葉」を失い、眩い白一色になりました…。

 

ぼーっとした頭で、コンサート会場から出て来て…一番最初に考えたことは

「また、この会場に引き返したい。」

…身体じゅうが余韻で、いっぱい。


先月『うふふわ。』の代表内田から

「ミネハハさんをコンサートで呼ぶことになった。」

と聞いたワタシは、信じられない気持ちで一杯でした♪

 

あぁ、これは夢ではないのだろうか?
12月中旬にチケット販売が決定しました。

ワタシが住んでいる場所は東北。

コンサートは福岡。

 

それでも…行きます。

行くしか、ありません!

ミネハハ コンサート
ワタシにとって1年ぶりの、ミネハハさん。

また、あの目眩く歌声に逢える…もぅ、待った無し!

 

心は、既に、ミネハハの待つ・・・
光の方角へ走り出しています。


《コンサート情報》

ミネハハ・コンサート

《日時》2017年・ 3月14日(火)・夜

《場所》宗像ユリックス ハーモニーホール(福岡県)

チケット情報は、コチラ>>>


布ナプキンのことは気になるけど、
使い方が不安…という方はお気軽に♪
無料のメール相談はじめました!>>>
素敵な女性たちが
すでに使っているものは…コレなんです
うふふわ。から、女性たちに伝えたいコト
生理の日が変われば、人生が変わる!?

あなたが楽に、幸せになれるヒント>>>


関連記事