【コラム】薬になるお膳==エネルギーを全身に巡らせる==

捨てないで!大根の葉っぱ♪

こんにちは!

国際中医薬膳師 玲子です^^

前回は大根で作るレシピのご紹介でしたが

今回はその大根の「葉」を使った
営養満点、おいしくてご飯がすすむ
簡単すぎるレシピです☆

なんとなーく、持て余しそうな大根の葉ですが
鉄分、カルシウム、ビタミンAなどの営養が豊富なので
捨てるなんてもったいないですよ〜!

購入後、すぐに大根の葉を根本から切り、
綺麗なお水ににつけて葉をピンと生き返らせて調理します。

すぐに調理ができなくても大丈夫!
保存袋で3日は持ちますよ^^

 

◎大根葉の浅漬け

大根葉 適量
自然塩 適量

 

大根葉は細かく刻んで、自然塩で軽く揉む。
10分程で出来上がり♪

 

作りおきをしておけば、焼き飯や炊き込みご飯の具などに
使い回せて二度嬉しいですよ。

また、刻んだ唐辛子と一緒に揉むことで
身体を温める作用も期待でき

さらに、刻み昆布を混ぜて寝かせると
旨味がでて美味しいですね!

 

 

◎大根葉

大根の葉は「萊鰒葉」(『唐本草』)と呼ばれ、その薬効としては
全身へ営養や酸素を送る氣の巡りを良くし、消化を助け、
また、咽喉の調子を整える作用が期待できるとあります。

 

食べ過ぎたとき、喉が痛いときは

 

生でよく噛んで食べると解消しますよ^^

 

ぜひ、実際に作って食べて
体感してみてくださいね!

 

国際中医薬膳師
河内玲子

 


布ナプキンのことは気になるけど、
使い方が不安…という方はお気軽に♪
無料のメール相談はじめました!>>>

素敵な女性たちが
すでに使っているものは…コレなんです
うふふわ。から、女性たちに伝えたいコト
生理の日が変われば、人生が変わる!?
あなたが楽に、幸せになれるヒント>>>


関連記事