【イベント】夏休み企画☆子ども向け性のお話会します。

こんにちは。
内田登代紀のお話会のご案内です。
8月に「新・性教育」のお話会を、
未病ラボさんで行います。

普段はわたしのお話会は保護者向けに依頼を受けることが多いんですが…
今回は、夏休みということで、幼児の保護者対象と、小学生・中高生対象の子ども向け企画
3本立てで、福岡市荒江の『未病ラボ』さんにて行います。

「大切とはわかっていても…伝えにくい」性のこと

性のことは…本当は、小さい頃に、
お父さん・お母さんから伝えるのがベストです…!
でも…「ちょと自信ないな~」
「どう言ったらいいかな?」と迷っていたり
「こんなこと聞かれたらどうしよう?」
と不安をもっている保護者さんにとっては
よい機会かもしれませんね。

未病ラボ主催:内田登代紀
「新・性教育」お話会(少人数制)

開催日:8月8日(火曜日)
①11:00~12:30 未就学児童の保護者対象
「性のこと、どう伝える?新・性教育」

②14:00~15:00 小学生児童対象
 「いのちってどうやってできるの?新・性教育」

③16:30~18:00 中・高校生対象
 「恋と命のはじまりの秘密。新・性教育」

場所:未病ラボ(福岡市城南区荒江1丁目25-15-2F)
問合せ・申込:092-406-0336

 

詳細はこちら↓

①11:00~12:30 未就学児童の保護者対象
「性のこと、どう伝える?新・性教育」

「ぼくはどこから生まれてきたの?」
「お母さん、どうして血が出てるの?」
など素朴な質問にどう答えますか?
自分の性器を触る子に対して
どう声掛けしますか?
日常に役立つヒントをお伝えします。
女性器・男性器の正しい洗い方など、
衛生面などについても、
大人が知らない方が多いのでお教えします。

②14:00~15:00 小学生対象
「いのちってどうやってできるの?新・性教育」
(親同伴でも、子どもだけでもOK。内容は子ども向けです。)
これからの身体の成長(月経・精通)・五感による感覚と「気持ち」を大切にすることや、性行為についても具体的に図などを見せて正しくお伝えさせていただきます。

「ええ…!性的なことはあまり早く興味もってほしくない…」という親御さんも、おそらく多数いらっしゃると思いますが…
このお話会では、行為についてお伝えするだけでなく、人の気持ち「心」の大切さがメインに内容になります。
AVが先か?心の込った教育が先か?の違いですね。
また「知識のある子どもは性犯罪に狙われにくい」とも言われています。
性的マイノリティについても少しだけ触れさせていただき、差別しないユニークな考え方を提案します。

③16:30~18:00 中・高校生対象
「恋と命のはじまりの秘密。新・性教育」
(親は同伴できません。)
異性の身体に興味をもつ中高生は、
多感な時期なため…特に親や先生からの言葉を
素直に受け止められないことも多いと思います。

この講座では、
一般的な性器の名称や月経(ホルモンバランス)
性病・デートDV・レイプ・など…
よくいわれる危険性についても少し触れますが…、
それらは他でも教育・情報を受けることができると思うので、今回は学校では教えられない、親からも言いにくい、
基本的な性の知識と素敵なイメージをお伝えします。(自己の存在の肯定に繋がります)
セルフプレジャー・性交がどれだけ大切なことか?性を軽んじずに、自分自身を本当に大切にすること。
人の“細胞”を題材に「心」とは何か?を考えるきっかけを与えます。
避妊についても簡単に解説します。)

※①~③いずれも、参加者の性別は問いません。

学校の性教育だけで安心ですか?

あなたのお子さんの学校ではどのような性教育が行われているか…ご存知ですか?

学校で行うのは主に「性器教育」です。
性器の名称・性器の働き・妊娠出産・
性病のことなど。

それ以上「性的なことは、あまり
子どもたちに刺激を与えないで欲しい」
これが本音でしょう…。

近年、性教育に力を入れた学校の先生が
バッシングを受けてニュースで取り上げ
られたりしていますよね…

おそらく…親たちも不安なのですね。

時代はわたしたちの子どもの頃とは
大きく変わりました。

親が子どもの頃に受けた教育、
「寝た子を起こすな」の精神でいても…

残念ながら、もう、
「子どもは既に起きている」状態です。

インターネット。
みんなが恩恵を受けていることです。
排除できるものではありません。

むしろ、子どもたちにとってリアルな教育が不十分であれば、
手軽に見れるスマホでの性情報を
正しいものとしてとらえたまま
大人に成長するでしょう。

わたしは、自分自身が中学生だった頃に
受けた助産師の「命の大切さ」のお話と、
自分の“彼氏”とのセックスが…
大きくかけ離れた話に思えて、
自分を大切にする意味や方法を
よく理解できないまま青春時代を過ごしました。

教育による知識とイメージ次第で…
子どもたちの性(幸せ)は大きく運命を変える
と、今ではハッキリと言えます。

「性器の役割」を学習した後…
「赤ちゃんの命の大切さ」を考える前…
その間に…
とても大切なことがあるはずです。

しかもそれは他のお勉強と異なり、
大人になってずっと生活に関わる身近なこと…
なのに、
これまでほとんどの日本の大人たちが、
AV業界にお任せしていた分野です。

性教育は、本来「」なしには語れない。

性教育は「五感」と心、コミュニケーションといった
本来「道徳」の教育とリンクしていなければ、意味がないと思うのです。

わたしは助産師・学校の先生ではありません。
でも、少しおバカだったお陰で…
性的なことで、
たくさんの辛い経験も、幸せな経験もしてきました。

他のママとの違いは…たぶん
ほんの少し「勇気」があることだけです。
ロマンとリアリティをもって、
愛について、お伝えさせていただきます。

「新・性教育」内田登代紀お話会

開催日:8月8日(火曜日)
①11:00~12:30 未就学児童の親向け
 「性のこと、どう伝える?新・性教育」
参加費:1500円

②14:00~15:00 小学生児童向け
 「いのちってどうやってできるの?新・性教育」
参加費:2500円

③16:30~18:00 中・高校生向け
「恋と命のはじまりの秘密。新・性教育」
参加費:3500円

場所:未病ラボ(福岡市城南区荒江1丁目25-15-2F)
問合せ・申込:092-406-0336
※②③講座では図解でセックスについて説明します。「あなたは愛し合って生まれてきた大切な存在」というイメージを子どもに与えることに、賛同いただける方のみ、お申し込みください。

過去のお話会に参加した子ども保護者の感想
子どもたち(小学生)の感想の一部はこちら>>>

保護者の感想の一部はこちら>>>

話し手プロフィール
内田 登代紀 (うちだ とよき)
過去に性犯罪や性病など様々なトラブルを経験。産後に布ナプキンを使ったのがきっかけで、自分を大切に愛おしむこと知る。2008年より布ナプキン『うふふわ。』のメーカーを経営。2014年9月『LOVEカルテ~わたしの性に出逢える本』を発刊。性犯罪SOSのカウンセラー山崎由季氏や産婦人科等の取材協力と、クラウドファンディングでたくさんの人たちの心によって完成した。
「誰も教えてくれなかった」性のことを題材に、店舗やイベント・学校などで女性のための性の講座を行っている。


布ナプキンのことは気になるけど、
使い方が不安…という方はお気軽に♪
無料のメール相談はじめました!>>>

素敵な女性たちが
すでに使っているものは…コレなんです
うふふわ。から、女性たちに伝えたいコト
生理の日が変われば、人生が変わる!?
あなたが楽に、幸せになれるヒント>>>


関連記事

Comment





Comment