toggle
2017-03-25

【コラム】ちょっとした発見♪ふんぱんとうふふわ。xうさとの布ナプキン

こんにちは!
国際中医薬膳師 玲子です^^

時々、ふんぱんw

以前から、ずっと氣になっていた

ふんぱん。

 

いわゆる、ふんどし風のぱんつ。

今やデザインやスタイルも様々にあるふんぱんですが

なんと、たまたま偶然にもプレゼントにいただいたわたしのふんぱんは、愛する友人の手縫い製オリジナル^^(とても重宝しています^^感謝ですw)

 

この、ふんぱんなるものの嬉しいポイントは

解放感!

にあります。

ふんぱんには鼠蹊部を締め付けるゴムがはいっていないので、
リンパの流れがスムーズになり、血液の滞りの解消を手伝います。

ふんぱんで過ごすと、なんだか心も体も
自由な感覚になれるのはこのためでしょうか♪

 

実は体を締め付けることの影響については
過剰刺激症候群(レイリー現象)といわれ、
ジェームス・レイリーが1935年に発表した
侵襲に対する生体反応に関する学説にもあるんです。

 

これは局所的に加えられる強い刺激が

自律神経に直接作用し、

まず血管運動性障害を起こして、

内臓の働きに変化が生じ、

次第に精神面など二次的な障害へと発展していくというもの。

たしかに、私たちは急に具合が悪くなったときには、
まず衣服をゆるめますよね。

そうするととても楽になり氣分も落ち着きます。

逆に言うと普段は締め付けにより筋緊張を余儀なくされ、
筋肉は常に労働をさせられている状態ということでしょうか。

 

その締め付けの状態が連続・持続的に続くと
疲弊し、破綻へ・・

 

つまり、身体のどこであれ強くても弱くても
不快な刺激が持続し加わると、
自律神経により、血管障害が起こり

 

次第にホルモン系にも影響が及び

全身的な様々な障害へと

発展することになっていくようです。

 

普段、

何気な〜く身に付けているものが

日々少しず〜つ、わたしたちの体を

狂わせていくことに繋がることを

心と身体の健康を維持するためには
認識していたほうがよさそうですね^^;

 

最強の組み合わせ?!

締め付けない♪ふんぱん。

欠点としては、寒い季節には
少々、涼しい★なぁ?ということ。

でも、
解放感溢れる、ふんぱんは
身につけたい!

では、どうしたかといいますと・・

じんわ〜り暖かみ溢れる、
うふふわ。×うさとの布ナプキンと
組み合わせてみました♪

んん??

これは最強に氣持ちいいではありませんか???

ふんぱんだけでは涼しかった状態から一変、
ぽかぽか暖か〜いww

オーガニックコットンボールから手紡ぎされた糸で
手織り草木染めが施された、うさとの布で作られた
うふふわ。xうさとの布ナプキン。

ふんぱんと組み合わせると
こんなに快適性が増すなんて♪

ちょっとした発見でした^^

うふふわ。×うさとの布ナプキンが手に取ってお買上げいただける「うさと展in福岡」は近々開催!詳細はこちら>>>

 

うふふわ。うさとの布ナプキンって?紹介コラムはこちら>>>

 

国際中医薬膳師 河内玲子


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です