toggle
2017-09-05

【コラム】デトックス!かんたん無理なく体重コントロールレシピ(5)わかめ

こんにちは!
国際中医薬膳師 玲子です^^

二十四節気でいうところの 処暑(8/23~9/6)

暑かった夏も、終わりを告げる頃。

暦どおり、朝晩涼しく過ごしやすくなってきました。

季節は争えないなぁと
安堵感にも似た感覚を得られることに感謝ですw


血液浄化!髪黒々っw

はい♪早速今回は『わかめ』を使った
簡単すぎるレシピのご紹介です!

●わかめたっぷりスープ●

(1)しらたき100gを食べやすくカットし、茹でておく。
(2)刻み昆布(10✕1cm2本分)を浸水させた水4カップを沸騰させ、
  干しえび大1を入れ煮立てる。
(3)干しわかめ10g、しらたき、自然塩小1/4〜1/3を入れて少し加熱する。
(4)最後に伝統製法醤油少々を加えて味を整えます。

●わかめ●

わかめは、一万年以上前の遺跡から発見されているほど
古い歴史のある食べ物。

薬膳的にみても、生命力の源である腎を補う食材で、
老化を防ぎ、若さを保つ薬効があります。

昔から髪を黒々と美しくするといわれるのも
わかめが骨髄や髪を司る腎の機能を
高めてくれるからと言えます。

現代栄養学でも、アルギン酸やフコダインなどの
ぬめり成分や豊富なミネラル分に
身体の調子を整え、老化防止作用があることが
明らかになっています。

また、わかめに含まれる血球凝集素という成分は
免疫機能を活性化させ、がん細胞の増殖を抑えることも
わかっています。

●薬膳的みかた●

わかめの「ぬめり」成分には
血液を浄化し、血行をよくする作用、

身体に籠った熱と余分な水分を
排出し、氣を巡らせることで
便通や尿の出を促進する作用があり、

新陳代謝を上げてくれます!

ただし、わかめ単体だと
身体を冷やす性質があるので

身体を温める干しえびを出汁にして
しらたきの食物繊維をプラスすることで
糖質や脂質の吸収が緩やかなものにしてくれます。

脂っこい料理との組み合わせも
バランスがよくなりますね^^

これが薬膳のよいところ♪

食べ物のもつ特質・効果(食能)を知れば
食べ物の組み合わせで、いまの身体にぴったりの
いただき方ができるのです。

そういえば、わかめ大好き!!!という
わかめを1年分、一括買いされている女性に出逢いましたが
その彼女の髪は黒々、お肌つやつや、目は輝いていました^^

多忙な日々を過ごされているのにも関わらず、です♪

国際中医薬膳師 河内玲子


初心者の方におすすめのセットも!「うふふわ。」商品一覧


生理が「辛い」
生理の「量が多い」
生理で「かぶれる」

そんな人ほど、
生理の日が楽しみ」に変わるかも♪
「うふふわ。」布ナプキン
【商品一覧】へジャンプ!>>>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です